HOME > ケーキをきれいに切る方法
ケーキをきれいに切る方法

ケーキのカットの仕方

用意する物。

1 包丁

2 熱湯(50度以上)

3 タオル

4 カット台(まな板)

熱湯で包丁を温める。

包丁の切れ味がいいもののほうがよく切れますが、お世辞にも切れると言えない包丁でもケーキは切れます。

今回はあえて100円均一で買った包丁でカットしています。

タオルで包丁の水分をよくふき取る。

包丁が熱いうちにケーキをカットする。

押して切らないでノコギリで切るようにスライドさせながらカットする。

押して切ると柔らかいケーキの場合、潰れてしまいます。注意!

包丁についた生クリームを熱湯で溶かし、再び包丁を温める。

一度包丁を使ったら必ず包丁に付いた生クリームを落とす事!

包丁の水分をふき取る。

ケーキをカットする。

ケーキを切ったら包丁をケーキとカット台の間に差し込む。

カットしたケーキの先端より少し包丁を差し込む。

ぐいぐい押し込む。

包丁を少し持ち上げてゆっくりと引っ張る。

包丁が熱いと生クリームが溶けて包丁に付かないため、きれいにカットができます。

これできれいにケーキを切ることができますね、面倒くさがらずお湯を使ってカットしましょう!(・ω・)ノ

 

 

 

 

タルトやミルフィーユ、クッキー等、硬いものを切るときは波刃のナイフをお薦めします。